▲上に戻る

媚薬で性的欲求が止まらなくなる?女性のセックス性欲を高めるためのおすすめ女性用媚薬
メニューへジャンプ

性欲を高める媚薬について

いくらセックスのテクニックがあるからといっても、女性がその気にならなければセックスはすることはできません。
女性用媚薬には性欲を高める効果があるとされていますが、本当にそのような効果はあるのでしょうか。

 

ムーディーなキャンドル

 

媚薬には様々な成分が含まれていますが、漢方生薬としても利用されることの多い、植物性の成分が今日では主流となっています。
より女性が性的欲求が高まる状況はどのようなものなのか、媚薬の効果とを成分の解説と共にわかりやすく解説してみました。

 

 

生理と性欲の関係性について

閉経前の女性は男性にはない生理があり、この生理(月経)は女性の性的欲求に深く関わりがあるとされています。
その理由は何故なのか、専門家がわかりやすく説明します。

 

性欲の高まる時期について

セックスアピールをする女性
女性の生理は約28日間を一つの周期としています。
約半分にあたる最初の2週間は女性の髪や肌の調子がとてもよくなる時期です。
精神面でもより活発的になり、前向きで明るくなるとされています。
この時期はエストロゲン(卵胞ホルモン)と言う女性ホルモンが多く分泌される時期で排卵日まで続き、性欲が高まりやすい時期となります。

 

これは排卵日までにセックスの機会を増やし、妊娠確率が増えるように進化した結果だと言われています。
発情期なるものこそありませんが、人間もまた動物と同じように子を残すために進化してきたのですね。

 

性欲が無くなる時期について

セックスに興味がない女性
排卵日が過ぎ、生理周期の後半の2週間はエストロゲンにとって代わって、プロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されるようになります。
この時期には女性にとって妊娠の準備期間となります。
受精卵が子宮に定着しやすくし、身体が妊娠に耐えられるように変化が起きます。
プロゲステロンは女性の胃腸の働きを弱め、基礎体温を上昇させます。
妊娠が起こらないと、経血といって皆さんご存知のように血となって子宮外に排泄されます。

 

生理この現象は妊娠には欠かせないものですが、女性にとっては体の不調を感じやすい時期であり、性欲が減退してしまう期間でもあります。
パートナーとのセックス回数を増やしたい方は、女性の月経(生理)について知っておく必要があるでしょう。

 

 

性的欲求が湧きづらい原因について

女性は男性と比べて性欲があまり無いとも言われていますが、女性は何故性欲が湧きづらいのでしょうか。
それには様々な理由があります。

 

セックスレスの原因で、女性が最も挙げた理由は「面倒くさいから」と言う理由でした。
本来気持ちの良いものであるはずのセックスが女性にとっては面倒くさいと感じてしまう理由はどのような理由があるのでしょうか。

 

疲労や生活習慣の乱れ

疲労困憊の女性

疲労や生活習慣の乱れによるストレスは、女性の性欲減退の大きな理由の一つと言えるでしょう。
ストレスは性ホルモンのバランスを乱し、様々な身体の不調の原因となってしまいます。
また精神をリラックスさせる自律神経の働きが鈍くなり、オーガズムに達することが難しくなったり、イライラ・不安で性欲は当然ながら減退してしまいます。

 

羞恥心や恐怖心

怖がる女性

セックスに対する羞恥心や恐怖心もセックスが面倒くさい感じてしまう理由の一つであるようです。
男性から暴力を振るわれた経験・婦人科の手術を受けた・体に大きなコンプレックスがあるなど理由は様々です。
コミュニケーションを計り、女性の緊張をほぐすことはセックスをお互いに楽しむために必要不可欠なことだと言えるでしょう。

 

イクことができない

イケないことで悩む女性

彼のことが好きなのに、なかなかイクことができないという女性は少なくありません。
毎回オーガズムに達することのできる女性は実は世界的に見てもごく少数であり、殆どの女性は男性に嫌われないようにイク演技をしたことがあるというアンケート調査もあります。
気持ちよくなれないセックスを面倒くさいと感じてしまうことは不思議ではありません。
ましてや男性に気を使って演技をしなくてはならないのですから、女性はなかなか大変ですね。

 

 

女性の性欲の年齢差について

男性は10代後半から20台前半が性欲のピークとも言われていますが、女性は30歳をすぎてからと言います。それは一体何故なのでしょうか。

 

答えを最初に言ってしまうと、男性ホルモンが深く影響しているようです。

 

女性の中の男性ホルモンバランスのイメージ

 

女性なのに何故男性ホルモン(テストステロン)が関係しているのか不思議に思う方もいるかもしれませんが、女性にも少量の男性ホルモンは分泌されています。
この男性ホルモンは女性をより活発的に、行動的にすると言われています。
一般的に女性ホルモンは25歳を過ぎると徐々に分泌量が減っていくとされていますが、この時に相対的に男性ホルモンの割合が多くなることで、女性の性欲が高まるという原理です。

 

若々しく美しい女性

 

男性ホルモンの割合が多い女性ほど、健康的で若々しく社交的だと言われています。
また実は閉経後の女性と同年齢の男性の活性テストステロン量はあまり変わらないと言われており、男性ホルモンは男女関係なく老化予防や精神の安定に深く関係があるようです。

 

女性のテストステロン量は男性に対して10分の1とされていたのに対して、実際に唾液の調査でわかった活性のあるテストステロン量は女性でもかなり多く、閉経後では、男女差がない分泌量で、健康の維持に役立っているのだという。
引用元:女性の老化防止にも男性ホルモンが役立つ 運動・筋トレでキープを|NIKKEI STYLE

 

女性の性欲を高める媚薬について

女性の性欲について様々な視点から解説して見ましたが、中々女性の性欲をキープまたは高めることはハードルが高いと言えそうです。
女性の性欲を高めることはなかなか難しいことはではありますが、漢方や生薬にも使われている植物性エストロゲンと言う成分が含まれた媚薬が人気を集めています。

 

植物性エストロゲンとは体に取り込まれることによって、女性ホルモンと同じような働きをする植物性の成分のことで、あの大豆イソフラボンも植物性エストロゲンの一つです。

 

生薬で作られた媚薬のイメージ

 

またこれらの媚薬にはマカや朝鮮人参など血行を改善し、様々な栄養素を持つ成分が配合されており、女性をより活発的に行動的になるように促します

 

これらの媚薬は飲むタイプのもので、錠剤タイプのものもありますが、お酒や食べ物に混ぜても使える液体タイプが大変人気を集めているようです。