▲上に戻る

セックスの悩みを解決!専門家が薦める女性用媚薬とは|必ずイカせるマル秘テク公開
メニューへジャンプ

性の悩みを解決する媚薬について

媚薬は古来から世界中で利用されてきた性的欲求や性的興奮を高める薬ですが、今日における媚薬は本当に存在するのでしょうか。
媚薬の歴史は実はとても古く、古代から性の悩みを解決する薬として利用されてきました。
科学的知識の乏しい古代のヨーロッパでは牡蠣トリュフなどその当時の人々にとっては手に入れることが難しい食べ物が精力が付く食べ物すなわち媚薬として利用されてきた歴史があります。中世に入ってくると現代でも漢方として利用されている薬効のある朝鮮人参やカカオなどが媚薬として用いられるようになりました。また著名な劇場作家であるシェイクスピアなど様々な創作に登場するなど、長い歴史において媚薬は注目を集めてきました
日本でも江戸時代に媚薬・秘具の専門店が登場し、イモリの黒焼きや蝦蟇の油などが媚薬として人気を集めていた歴史があります。

 

愛の形

 

科学の進歩した現代での媚薬は、より効果が医学的に証明され、実際にバイアグラなどは勃起不全の症状を改善したり、性的興奮を高めるだけでなくセックスにおける様々な現代人の悩みを改善するものとして活躍しています。

 

 

女性をイカせる媚薬テクニック

女性にとってセックスが苦痛になってしまう不感症をご存知でしょうか。
女性は男性と違い、オーガズムに達するためには精神的な要素がとても大きいとされています。
女性のオーガズムは男性のそれと違い、とてもデリケートなものです。

 

黄昏る女性

 

緊張や体調・過去の経験からくるトラウマなどによって、たとえ心を許しているパートナーの男性とのセックスでもオーガズムになかなか達することができない女性は男性が思っているよりも遥かに多く存在しています。

 

媚薬は女性の不感症を改善するのでしょうか?

 

性的欲求や興奮度を高める

性的に興奮する女性
飲む媚薬の成分にはマカやトンカットアリ、ムイラプアマなど血の巡りを改善し、性的興奮を高めると言われている成分が配合されています。
これらの成分は漢方や生薬としても利用されていますので、比較的安全で信用できる成分です。
最近では液体になっている媚薬もありますので、アルコールや食べ物に混ぜて使用できるのも良いですね。

 

適度なアルコールは女性の精神をリラックスさせる効果がありますので、飲むタイプの媚薬との相性が良いです。
また飲むタイプの媚薬には性ホルモンの分泌量を増やす成分も含まれています。

 

媚薬クリームを使って入念に前戯

媚薬クリームのイメージ
女性は性器以外にも様々な「快感スポット」があるとされています。このスポットを開発するのは男性の努め
興奮に任せて女性の身体を乱暴に扱ってはいませんか?
もしかしたらあなたの前戯は、女性にとっては苦痛かも。

 

媚薬クリームを使って必要以上な摩擦を軽減し、メントール等の心地よい刺激で、一つレベルの上の前戯で出来る男に。
媚薬クリームは性交痛を防止するのにとても効果的で、直接肌や性器に塗るため即効性も期待できます。

 

Gスポットを刺激してイカせる

前儀をするカップル
女性には様々な性感帯がありますが、特に有名なのがGスポットと呼ばれる部分なのではないでしょうか。
Gスポットは実際にセックスの際にペニスによって刺激される場所で、人差し指と中指を使ってリズミカルに刺激を与えることで、女性は“潮吹き直前”のような性的快感を体感することができると言われています。
Gスポットをうまくマッサージすることを学べば、挿入時にも女性をもっと満足させることができるでしょう。

 

口コミで人気の媚薬を利用

耳元で囁く男性
媚薬選びにはやはり口コミ人気は気にしておきたいところ。
当サイトでは口コミの評価で媚薬を選びたいという方に効果の強さ・即効性・販売実績という項目に分けて特集ページをご用意させていただきました。
各特集で取り上げた女性用媚薬は、実際に当サイトに寄せられた口コミを参考にし、優れたものを厳選して紹介させていただいております。

 

 

媚薬でセックスレスを改善

朝日新聞社が行ったインターネット調査「夫婦1000人に聞く」では日本の婚姻関係にある男女において、多くのカップルがセックスレス状態にあるとされています。
2001年から28.0%、2006年34.6%、2008年36.5%、10年40.8%、2012年41.3%、2014年44.6%とセックスレス状態にあるカップルは年々増えています。

 

マンネリのカップル

 

セックスレスにおける主な理由としては、男性は仕事疲れなどが主な理由でしたが、女性ではセックスが面倒臭いという理由が一番多く見られたようです。
セックスはパートナーとのスキンシップを取れる本来は心地よいものであるはずなのに、多くの女性が面倒臭いと感じてしまうのはやはり女性がセックスを楽しむことができていないことが原因だと考えられます。

01年に朝日新聞社が行ったインターネット調査「夫婦1000人に聞く」でのセックスレス割合は28・0%。本調査では04年31・9%、06年34・6%、08年36・5%、10年40・8%、12年41・3%、14年44・6%で、婚姻関係にあるカップルのセックスレス化には歯止めがかかっていない。

 

女性用媚薬を上手に用いることでこうしたセックスレスを解消することは十分可能です。
普段と違うセックスでマンネリ化を解消し、パートナーの女性が満足できるセックスを楽しむことがセックスレス解消への近道です。

 

媚薬の中にはマカやトンカットアリなど、性的欲求を高める効果が期待できる成分が配合されています。

 

様々なハーブ

 

 

女性のセックスにおける悩みのまとめ

不感症やセックスレスは主な女性のセックスにおける悩みですが、その他に女性はどのような悩みを抱えているでしょうか。
またそれぞれの悩みに対して、効果の期待できる媚薬はあるのでしょうか

 

痛いセックス・濡れない

辛そうな女性
セックスにおいて痛みは禁物です。
女性がセックスを心から楽しむためには精神的にリラックスする必要性があります。
セックスに対する恐怖心や羞恥心が邪魔をして挿入時に痛みを感じてしまいやすい女性は多いです。
また更年期や出産後・授乳期に起こる女性ホルモンの分泌量の減少は潤滑油を減らし、ヴァギナが十分に潤わない原因となってしまいます。
そのほか男性側が挿入を急いでしまったり、前戯不足などによっても性交痛は引き起こされてしまいます。

 

生理中のセックス

女性の秘密のイメージ
女性は二つの女性ホルモンが周期によって分泌量が変わり、時期によってはとても性欲があったり、なかなかセックスを許してくれなかったりする、とてもデリケートな存在です。
特に排卵日後のプロゲステロンとよばれる女性ホルモンが優位に分泌している時は、女性の身体は妊娠にむけて準備期間に入りますので、胃腸の機能が低下し、基礎体温が上昇し、体のだるさや不調が起こりやすい状況です。
また生理中で血にまみれたヴァギナを見て欲しくない女性も多く、生理中はより女性を理解しなければならないと言えるでしょう。

 

彼が避妊をしてくれない

コンドーム
望まない妊娠を避けるために、コンドームやピルを使って避妊は必ずしましょう
コンドームを使わないことは女性に不安を与えてしまい、女性がリラックスすることを妨げイクことをより難しくしてしまいます。
コンドームは避妊や性病を予防するだけでなく、女性をよりリラックスさせセックスを楽しめるようにする避妊具です。